ニキビ跡を消すことが美肌への第一歩│セルフケアで綺麗な肌づくり

婦人

スキンケアで肌質を改善

笑顔の女性

皮脂バリアを守る

皮脂バリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなります。皮脂の量が多すぎると化粧崩れやテカリ、毛穴の開きの原因になります。しかし、皮脂が少なすぎると乾燥や紫外線などの外的ストレスに弱くなり、乾燥肌になります。乾燥肌は小ジワ、たるみ、シミの原因にもなります。小ジワやたるみが気になるという人は、まずは肌質を見直して、乾燥肌対策をすることが重要になってきます。皮脂バリア機能が破壊される原因には、クレンジングのしすぎや擦りすぎなどがあります。また、必要以上に化粧水をつけて保湿をしすぎることも、皮脂バリアの低下に繋がります。日ごろのスキンケアを見直してみて、思い当たることがあったら改善することをお勧めします。

セラミドで乾燥予防

乾燥肌対策にお勧めなのがセラミドが配合された美容液です。セラミドは角質層に存在する細胞間脂質という物質で、サンドイッチのように肌の水分を挟み込んでいます。乾燥肌の人ほどセラミドの量が少ない状態にあります。しかし、セラミド配合の美容液で対策すれば、セラミド不足を補えます。洗顔をしたあとに化粧水をつけてからセラミドの美容液を付けると効果的です。化粧水は肌を潤すというよりも、美容液の成分を浸透しやすくするために付けるものです。よく「化粧水はたっぷりつけたほうがいい」と言いますが、たっぷりつける必要はなく、500円玉程度の量で十分です。セラミドの美容液を毎日つければ肌の保湿効果が高くなり、乾燥やしわ対策になります。